マダラの肝の生食

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「マダラ」です。
マダラはタラ目タラ科マダラ属の魚。

マダラの肝を生食します。
今回のマダラ。

比較的大きな肝です。

キレイだ・・・びゅーちふるだ・・
こりゃあぁ・・・いけるか?

いってしまえ!
いちゃうか?

しかし・・大丈夫か?
リスクあるねぇ~

しかし、生食は「喰っちゃあいかんのか?」の使命?だ。
勇気をもって実行じゃい。

肝といっても比較的大きく内臓の汁?に犯され色うつりしている部分もある。
ま、きれいな部分を選りすぐりましょうか?

そして、やや薄めにスライス。
こうすることで、肝の中を走る血管内の血を洗い流すことが出来ます。

で、流水でよく洗い血っ気をとります。
あああぁ・・食用にどんどん磨かれていく美しい肝。

私を生で・・・たっ・・べっ・・てっ・・・ウキっ!

あら?結構なボリュームになったね。
さあ、さっそくいただきましょう!

どきどき・・・・
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・ん?

ほほう~これは・・・・なんとも・・・
なんとも・・・

なんとも・・・
なん・・しつこい?

んまいっ!
上品かつなめらかで旨みのきいた味わい。

鮮度などの問題もあるけどお勧めですな。
やるなら寄生虫も目視で十分確認の上、実行ください。

勿論、自己責任で願います。

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です