仁淀川河口で釣獲した秋のスズキの刺身

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「スズキ」です。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属の魚。

高知県は仁淀川の河口。

大阪から遠征に行きまして・・・
3.8kgのスズキをGET!

釣り大会のように尾っぽを伸ばし伸ばし長さを計ると、79.5cm・・・
ああぁ~80cmというのも何だし、70cm後半と言うのもくやしい?

中途半端やな~~~後5mmやのに・・・
なんちゃって。

サイズなんざどうでもいいんス。
じゃぁ計ってんじゃぁ無い?

いじゃん別に・・・何が悪いのさ?
さて、現在時刻AM1:30。

深夜ですが、ヘッドライトをたよりにキャンプ場の水場にてスズキを捌きます。
霧雨のような雨がしとしと降る中、解体完了!

尾の身の片側を使用し、刺身を作ります。
ごく一部分の刺身なのにハンゴーの皿てんこ盛りです。

久しぶりだな~今年はあんましスズキを釣っていないもんで・・・

現在時刻AM2:30・・さて、喰うだ!」喰うだ!

そ、それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

ザクザクとした歯ざわりで歯ごたえがあります。
旨いねぇ~高知ではスズキはあまり珍重しないらしいですけど。

旨いもんは、てんこ盛りにあると最初はガツガツ喰って残り少なくなると急に無くなるのが惜しくなってゆっくり食べません?

喰おうと思えば同じ量×4倍以上をもう一度作る材料があります。
でもねぇ~刺身ばっかり何百グラムも喰うのもねぇ。

おいらは喰えるけど。
でも、もう疲れて眠いワイ。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です