9月後半の松田川産ヒラスズキの酢〆

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ヒラスズキ」です。
ヒラスズキはスズキ目スズキ科スズキ属の魚。

さあ、またまたヒラスズキです。
もうね、釣った魚に偏りがありすぎですね。

変わり魚は最近は買わない限り登場できませぬ。
ま、致し方なし。

今回は先回釣ったヒラスズキの残りを使用し、酢〆を作成します。

使用するヒラスズキは釣獲から1日ちょい経過しています。
まあ、気にすることはない。

そこいらのスーパーの魚よりいくぶんマシだべ?ん?
さあ、まずはヒラスズキのウロコを落とします。

頭と内臓を取り除き、お腹の中をキレイに洗いましょう。

3枚におろします。

腹骨をすき・・・・

皮を引きます。

そして、強塩を施ししばらく寝かせます。

ほら寝ろ!

んごぉ~

良く寝てるかなぁ?
よしよし、もっと寝ろ。

おいらも寝る。
んごぉ~

さ、そろそろ起きなさい♡
んごっ?

さて、酢につけていきましょうかね。
周辺に残っている塩を除いておきましょう。

水で流す場合は、その後にキッチリ水気を除きましょう。
で、清酢に漬けます。

どっぷり漬けたいが、もったいない精神がそれを許しませぬ。
で途中でひっくり返してみる。

やはり、底面との設置部分に酢が浸透していないね。
さ、このままキッチンペーパーにくるんでまた寝かせますか?

ほら寝ろ!
んごぉ~

放置時間は意図的というより、生活上の事情ってヤツだね。
さて、そろそろ喰うかな?

おいっ、起きろっ!
んごっ?

このスズキ系の酢〆の難点は色合いがくすんだ感じになる事だね。

適当に切りつけて完成。
体側の骨は骨抜きで抜いてみた。

今回は軽くスダチを絞ってみたぞ。

いい香りだ。

さあ、それでは早速・・・・・・
いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・
んまいっ!

酸味と香りと食感、香る風味。
おいちいねぇ。

みんなもやってみべし。
寝かす時間なんて適当でOK。

それぞれに味わいが異なるが、それも良しだぞ。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です