ヒラスズキのフレーク

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ヒラスズキ」です。
ヒラスズキはスズキ目スズキ科スズキ属の魚。

今回は、ヒラスズキのフレーク。
食パンにあうヒラスズキ料理は無いか?

なんせ、遠征中はほとんど食パン生活。
遠征先で油料理するゆとりなし。

よって、フライなんぞは出来ない。
じゃあ、ほぐした身を食パンに乗っけて食べたらどう?

サケフレークは巷で良く見ますね。
やって見るかいなっと。

いっても、基本はヒラスズキのサクをフライパンで焼いていき、塩と胡椒で味を調えるだけ。
油の代わりにマヨネーズを使って調理。

調理中、ネコが狙っています。
少しおすそ分けします。

アウトドアでこのフレークが優れている所は・・・加熱時間。
サクのまま焼き上げて、ムニエルやバター焼きを作ろうと思えばもっと時間がかかります。

フライパンとの設置面積が違うんです。
焼けたところからほぐして行くと、次から次へ焼けていないところが顔を出し、ドンドン加熱されていきます。

出来ましたよ・・・ヒラスズキのフレークが。

そして、食パンに盛ってマヨネーズかけてみる。
野菜が完全に足りていない食事だね。

もんぐ・・・もんぐ・・おおぉ・・ちょっとくどいな。
調理でマヨネーズ使って、またマヨネーズかけちゃったもんで。

まあ、でもいけるね。
すぐにお腹いっぱいだ!

食パン2枚が限界だぞ。

げふっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です