ミョウガの皮の塩漬け

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ミョウガ」です。
ミョウガはショウガ科ショウガ属の多年草。

やあ、今回はミョウガのお話だ。
高知の道の駅などで時折見かけるのがこのミョウガ。

ミョウガと言っても、恐らく出荷の為の商品化後の残骸。
むいた後の皮と軸だと思われる。

たぁ~くさん入って80円~100円程度さ。
スーパーで通常商品を買うのがバカらしくなるお値段。

無論、硬い部分の塊だろうから硬い食感が待っている?

そのまま薬味に使っても良いだろう。
しかし、薬味的な使用ではこの量は消費出来まい。

食い尽くす前に腐る事間違いなし?

では、塩漬けにでもしますか?
んだんだ、そうすべ。

まずはキレイに洗い、皮と軸とに分ける。

無論、気分的な問題で特に意味はありませぬ。
軸の部分はキレイにトリミングします。

その後、それぞれに塩を振り寝かす・・・

んごぉ~・・・

今回は10時間程度放置。
それなりに水が出ています。

軽く水にさらして・・・・

絞るっ!

軸は水切り。

で、軸と皮を一緒くたにして再度寝かす。

放置する事5日間~

無論、意図的ではござらん。

忘れておったのじゃ。
ふんっ!

なかなか良い色に発色してますな。

さあ、それでは早速・・・・
いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・

ふむふむ、ジャクジャクとした歯ごたえで繊維が強い。
やはり外側の皮だけの事はある。

が、歯応えを求めるおいらには特に問題ありませぬ。
味わいはなかなかのもの。

薬味として使うミョウガは水っぽいが、これは水っぽくは無い。
塩しか使っていないのに、何か旨み的なものがある。

ご飯のおかずになるんだな。
ま、単に漬物って事かな。

ソコソコに塩分濃度があるから食べ過ぎに注意だ。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です