愛媛県産6月のチダイのお刺身

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「チダイ」です。
チダイはスズキ目タイ科チダイ属の魚。

関東などではハナダイと呼ばれたりしますね。

小さい頃はマダイそっくりな外見です。

見分け方は、尾鰭のフチが黒くないこと。

マダイは黒くフチ取られています。

エラブタのハジが赤いこと。

の2点が主ですか?

このチダイ、なかなか大きなものは店頭で見かけない。

小さな個体はたまに見かけるんですがね。

今回、かなり大きな個体を発見しましたので購入して見ました。

お値段、680円なり。

購入地域は高知県。

愛媛県産です。

残念ながら〆られてはいない。

結構高いですね。

大きさは、見た目800g以上~1kg未満といった所か?

でも、お子様ランチでも680円取られますよね?

それ考えたら、お外で食べる昼飯一食分だ。

安いもんか?

さて、実はこのとき車中泊にて生活中(浮浪者になった訳ではないです)です。

「喰っちゃあいかんのか?」の管理人たるもの屋外においても自分で処理しなければなるまい。

某水場にてウロコを落とし、頭を落とし処理を進めていきます。

包丁入れた感じは結構水っぽい。

柔らかいけど繊維がしっかりしているのか?

いいやそうでもなさげだ。

さて、出来上がった

そ、それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

もぐもく・・・・

やはり食感も水っぽいな。

食品成分表で確認すると、天然マダイは約72%でチダイは78%弱だ。

若干水分がマダイより多いのだ。

軽く塩を振って、20分ほど置くと少し水分が抜ける。

そして、食味が上がりましたね。

家庭ではコブ〆なんかがいいだろうね。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です