テナガダコの豆板醤いため

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「テナガダコ」です。
テナガダコは頭足綱八腕目マダコ科マダコ属のタコ。

はい、読んで字のごとく手の長いタコです。
300円の半額で150円で購入。

イイダコはこの2倍近くの値段だ。
それもどうかと思いますがね。

さて、このテナガダコ、過去にボイルして喰った時は、そんなに旨いとは感じなかった。
歯ごたえがあまり無いんです。

味も薄い。
さあ、どうやったら旨く喰えるんだろうか?

韓国では生きているものを生で食べたりするようだ。
しかし、さすがに生では食えない。

死んでるしよ。
歯ごたえからすれば、しっかり加熱が良かろう。

そして、しっかりした味つけが良かろう。
今回は豆板醤で炒めるとするか。

まずは、テナガダコを洗う。
一般的に言うところの”塩もみ”ですな。

パックから取り出したテナガダコはこんな感じです。

いけてないですなぁ。
この姿、「ワタシは旨くありません」って感じ?

とりあえず、内臓を出しましょう。

そして、塩もみ。
ぐっちゃら・・・・ぐっちゃら・・・あぁ~もみもみ。

んもうっ!
何想像してんのよっ!

私はタコなのよっ!
へ?タコでも構わないですって?

こっこの変態~~~~~~~

んごっ!

で、きれいになったところで、

ブツギリ。
今日も元気にスプラッタ。

フライパンに油を引き、豆板醤を入れる。
じゅぃ~・・・

さあ、テナガダコを入れます。
じゅぃ~~~~・・・・

ううぅ・・・においが辛いぜ。
今回は、特別にシメジも参加じゃ。

それそれ。

塩・コショウで味を調え、最後に醤油を焦がしながら加えます。
さあ、でけたでけた。

うまそうじゃ。

それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐ・・もんぐ・・・・もんぐ・・・。

おろ?普通に旨いんでない?
「加熱してもそんなに硬くならないタコ」って位置づけにしてしまえば優秀なんじゃあない?

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です