ハタハタの頭の干物

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ハタハタ」です。
ハタハタはスズキ目ハタハタ科ハタハタ属の魚。

またハタハタ?
そうです。

文句ありますか?
落とした頭が残っているじゃあないですか。

何?頭も喰うのか?
そうです、頭も喰うのです。

でも、そのままじゃあ硬いので乾燥させます。
そのまま干しても美味しくないので一度つけ汁に漬けます。

と、言っても塩水です。

今回は少し醤油を入れてみました。
塩分濃度はもちろんてきとー。

ウキッ!

さあ、まず頭を開き、きれいに洗います。
その後、漬け汁に1時間程度つけ込み、大阪の汚らしい空気にさらします。

2~3日くらいすか?
焼き網に乗っけて、外に出すだけですヨ。

簡単ナリ。
骨ごと喰らう為には、一夜干しではちとつらい。

より乾燥させます。
ハイ出来ました。

一部イワシの頭も写ってますが、これは以前紹介した”イワシのブツ”の頭。
一緒に干したんです。

いい感じでしょ?
さっそく炙ってみましょう!

おやおや、美味しそうです。

ではいただきましょう。
バリボリ・・・パリパリ・・・ほう・・ごはん欲しい。

朝食にぴったりじゃ。
何?朝はパンとコーヒーじゃと?

日本人なら米を食えぇっっ!!

ふんっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です