サーモントラウトの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「サーモントラウト」です。
サーモントラウトはサケ目サケ科サケ属の魚。

サーモントラウト?日本語に直すと?鮭鱒?
良く分からんな。

ネットで調べてみた。
「ニジマスの3倍体かつ、海面養殖可能にしたもの」のようです。

はい、では3倍体とは何か?
通常の染色体数の3倍の染色体数を持つ固体なのだとか?

遺伝子的に雄でも雌でもない固体になる場合がほとんどだそう。
要するに生殖能力が無い。

だから何だっていうと、まあ大きくなるそうな。
昔TVでアユの3倍体を作るシーンがあった。

着床した受精卵を一瞬冷水に漬けるだけだった。
そんなもんで3倍体になるのだと関心したもんだ。

ではなぜ海水で養殖すんのか?
よく知りませんが、ドロ臭くさく無いのは間違いない。

おそらく成長も早いのでは?
推測ですがね。

と、いうことで結局ニジマスのことなのだ。
へぇ~今度店員に聞いてみようかな?

きっと答えられまい。
しかし、聞かれることも通常はあるまい。

最近このサーモントラウト、値段上がりましたね。
通常、グラム178円(チリ産)が普通だったのに、今は198円が通常になってしまった。

あやや。
だから、あんまし買わない。

今回は年末だった為、ちょっち贅沢してみた。

20%引きで406円なり。
外で飲むのに比べたらスズメの涙みたいなもん。

さあ、今回も寿司にしてみる。
だって楽なんだもん。

でも、少しだけ手を加えます。
まずはサーモントラウトのサクに塩を振り、1時間程度寝かせます。

 

少し、塩味を付けたかったんです。
その後、酢で塩を流し水気を切ります。

そして、寿司ネタ用に切りつけていきます。
たくさん取りたければ、薄めにスライスすれば良い。

このサーモントラウト、マヨネーズに合いそうな気がしません?
気がしますよね?

マヨネーズが合いそうって言いなさい!!
はい、今回はわさびをマヨネーズと合わせたものをわさび代わり?に使用しました。

わさびと、マヨネーズを半々くらいで混ぜたものです。
そして、風味付けでシソを挟んでみます。

はぁ~にぎにぎっとおぉ~

ハイ、出来上がり。
で、ではさっそく・・・・・

いっただっきまぁ~すぅ~
もんぐもんぐ・・・・んまい!

んまいどニジマス、いやサーモントラウト。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です