コノシロのアラの一夜干

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「コノシロ」です。
コノシロはニシン目ニシン科コノシロ属の魚。

コノシロのアラの一夜干どす。
骨まで愛してぇ~ん!

うふぅ~ん。
さて、買った魚は骨まで喰い尽す。

勿論魚種によります。
骨の硬い魚や大型の魚の骨は無理です。

さて、さばいたコノシロのアラを塩水に漬け、1~2時間程度放置。
そして、あとは干すのみ。

まあ、一昼夜ってとこですか?
水分をある程度飛ばしてやるのが主な目的。

出来上がったら、焼き網などで焼いて頂きます。
ウキッ!

それでは、さっそくいっただっきもあぁ~すぅ。
ポリポリ・・・ポリ・・・んまい!

朝のおかずにぴったしじゃ。
カルシウムの補給にもなるぞ。

んごっ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です