若いスルメイカの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「スルメイカ」です。
スルメイカはツツイカ目アカイカ科スルメイカ属のイカ。

またスルメイカ?
そうですよ。

何か?何か悪いんですかい?
さて、今回は若いスルメイカを寿司にします。

そのままでは味が淡いことは前回で分かった。
今回はちょいと手を加えましょう。

前回から4~5日たっています。
少し型が良くなったか?

気のせいか?

 

今回も新潟県産です。
内容量が多い為、298円なり。

煮魚に最適って貼ってあるが・・・・気にしない。
では、さっそく。

まず、真水で良く洗います。
で、頭を引っ張って内臓を引き抜きます。

 

胴を開いて、内側を良く洗います。
その後、皮をむきます。

 

小型の個体は皮が剥きづらいですな。
すぐ切れちゃう。

ふきんやキッチンペーパー等でフォローします。
きれいに皮がむけたら、水気を取って冷蔵庫へ。

ゲソの部分は、内臓を取り塩水でボイル。
冷水に取り、水気を取ります。

 

先ほどのスルメイカの胴を取り出します。
寿司ネタ用に切りつけ、ヅケにします。

付け汁は醤油とミリンが1:1のもの。

付け時間は10~15分。
では、握って行きましょう!

はあ~にぎにぎっとお。
安定感が無いので、ノリで帯をします。

そして、身が薄いので2切れまとめて握ります。
ゲソも握りますよ。

はあ~にぎにぎっとお。

でけた。
旨そう?

で、ではさっそく・・・・
いっただっきもあぁ~すぅ。

もんぐもんぐ・・・・
やはり胴の味わいは淡いな。

触感はねっとりしています。
鮮度にもよるのか?

全般に若い味がします。
で?ゲソは?

もんぐもんぐ・・・・
こっちの方がまだ味わいがあるな。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です