ナマズを食す!

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材も「ナマズ」です。
ナマズはナマズ目ナマズ科ナマズ属の魚。

さて、喰うだ、喰うだ。
さっき、蒲焼のタレを作る時に煮込んだナマズのアラもおかずとして頂きます。

まずは、ナマズのお刺身ですね。
川魚ってやたら酢味噌っていいますね、でも、おいらはお醤油で頂きます。

しばらくしてから、ワサビも付けて食します。

旨いなぁ~何でみんな喰わないのだろう・・完全に喰わず嫌いだね。
だって、ナマズ専門店があるくらいなのに。

鮮度が命ですが、しっかりとした歯ごたえがあります。
「えぇ~ナマズって食べれるのぉ~」ってやつは論外だね。

お前に喰わすナマズはねぇ。
さて、ナマズの蒲焼です。

しっかりした肉の繊維を感じます。
養殖ウナギのような、とろけるような柔らかさはありません。

ヒレの付け根付近にあるちょっとした脂の部分が香ばしさを演出します。
ああぁ~これも旨いぞ!

タレのダシを取ったナマズのアラも頂きます。

いやぁ~何でみんな喰わないかねぇ~・・まあいいけど。
残った切り身は冷凍庫で保存です。

ちなみに、お刺身は本当に鮮度が命です。
一日寝かすと歯ごたえが無くなります。

〆た当日中に食い尽くして下さい!

ただし生食については、次に記する危険を承知の上でお試しください。

当方は一切の責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です