三陸産ミズダコの造り

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ミズダコ」です。
ミズダコは八腕目マダコ科マダコ属のタコ。

マダコと比較し、北方系のタコです。
某スーパーで見かけた生のタコ足。

活タコ(三陸産)とある。
このぶよぶよとした太い足・・・・

こりゃぁミズダコだべ。
980円の表示ではあるが・・・

半額シールが!

ハイ、材料費490円ナリ。
ちなみに、このミズダコ、タコの仲間では世界最大なんだと。

大きなものは腕を広げると約3mくらいになる。
その重量はウン十キロでっせ。

世界一を喰らうナリ。
さて、パックから取り出すと皮がブヨブヨででろんでろんです。

  

こんな時はやっぱり、熱湯にくぐらせるに限るね。
そして、冷水に取ります。

何だか白いものが周辺に浮いています。

きれいに洗ってあげませう。
そして包丁を側面から入れ、皮をはぎとっていきます。

最後に吸盤部分を切り落とし、下ごしらえ完了!
さすがに太いねこの足。

あとは好みにスライスします。

吸盤もコリコリしておいしいので、一緒に頂きます。

それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

んまいっ!

なんと言いましょう?
生ダコ独特の風味です。

生のタコおいちい。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です