アカメの皮のから揚げ

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「アカメ」です。
アカメはスズキ目アカメ科アカメ属の魚。

アカメの皮をから揚げにします。
皮も喰え・・・

どシンプルに片栗粉にてから揚げ。
アカメの皮は見るからに丈夫そう。

皮としては、過去に「アカメの皮の湯引き」をつくりました。
それでは取り掛かりましょうか?

ボールにアカメの皮を入れ、片栗粉を適量投入。
余分な片栗粉は丁寧に取り除きます。

ハケなどで優しく・・・・
そして、油で揚げます。

水分を飛ばすような感じでじっくり揚げました。
今回、下味は付けていません。

ころあいを見計らって、取り出し油を切ります。
お皿に盛って完成。

で、では早速・・・・・
塩とポン酢で頂きます。

もんぐもんぐ・・
ほ?まだ若干硬いな。

しかし、喰えないほどではない。
味そのものは悪くなく、片栗粉ならではの香ばしさと素朴さがよく合う。

だが、皮そのものは「引きちぎって喰う」感じですか?
長時間揚げれば改善するのか?

それを試せるのは・・数年後かもしれない。
なかなか釣れないもんで。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です