関東のスーパーで売っていたピータン

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ピータン」です。

そう、あのピータンです。売っていました。

そのお値段98円。
思ったほど高かあないね。

しかし、常温で売られていたな ・・・一体賞味期限はどうなっているんだ?

おお…とんでもなく長いな。
10月後半まである。

これタマゴだよね?原材料は何なんだろう?
アヒル卵、茶葉、食塩、炭酸ソーダ。

その姿は乾いた泥におおわれているかのようだ。

これは食いもんか?
ひとまずこの泥を洗い流す。

見た目不健康そうなタマゴの殻が顔を出す。

早速むいてみる。

むむ・・・いつものコーヒー色した白身?が顔を出す。
そして切りつけ。

おお…ピータンだ、お外で頼んだ時と同じだ。

そ、それでは早速頂いてみましょう!
もんぐ もんぐ ・・・

口の中から鼻腔に広がる微妙なアンモニア臭。
たまりまへんな。

しかし、等級的なもんはあるんだろうが、まさか98円で売られているとは思わなんだ。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です