メバチの練り物

メバチの練り物 (17).jpg メバチの練り物 (3).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は「メバチ」です。
日本のマグロ漁獲量は年間24.8万tで世界の約14%を占める(2007年)そうな。
何と、世界一!!
おいらのアホさ加減も世界一・・・・
なんじゃと?
日本は世界最大のマグロ消費国なのだ。
そんなにマグロが喰いたいかの?
おいらには、その感覚は良くわからん。
メバチの資源量は、クロマグロやミナミマグロと比較すればまだ安定しているものの安心してよいレベルではないよう。
高度回遊性魚類であるマグロ類はその回遊海域ごとに地域漁業管理機関(RFMO)が存在するそうな。
①ICCAT
 大西洋まぐろ類保存国際委員会
②IOTC
 インド洋まぐろ類委員会
③IATTC
 全米熱帯まぐろ類委員会
④WCPFC
 中西部太平洋まぐろ類委員会
⑤CCSBT
 みなみまぐろ保存委員会
日本では、上記5つのRFMO全てに加盟し責任ある資源の管理と持続的な利用に努めているのだそう。
水産白書上の内容なので、いいことだけ述べている可能性もある。
ま、あっちこっちに回遊する魚だけに国際的な資源管理が必要ということだね。
さて、今回のメバチは切り落とし?で250円の半額で125円。
メバチの練り物 (2).jpg
買うもんが無かったので、仕方なくメバチさ。
何作ろ?
この肉量・・・・・
練り物しかあるまい。
メバチの練り物 (3).jpg メバチの練り物 (4).jpg
さっそく切りだしだ。
お?皮があるな・・・さすがに喰えそうにない。
メバチの練り物 (5).jpg
黒い血合いは取り除いて・・・・・
フードプロセッサーへGO!
粉砕完了。
メバチの練り物 (6).jpg メバチの練り物 (7).jpg
その後、塩を加えてすり鉢で練る。
今回の塩分は3%だ。
メバチの練り物 (8).jpg メバチの練り物 (9).jpg
ゴリゴリ・・・ヌチョヌチョ・・・・・
そして、放置2日・・・・忙しかったんす。
メバチの練り物 (11).jpg
く、黒い・・・・喰えるんか?
気にするな。
今回はこれに、ごぼう、にんじん、アボカドを加えます。
メバチの練り物 (12).jpg メバチの練り物 (10).jpg
そして、かたくり粉を使って形をまとめます。
あとは油で揚げるだけ。
メバチの練り物 (13).jpg メバチの練り物 (15).jpg
じゅぃ~~~~~
メバチの練り物 (16).jpg
揚がった・・・・・でけたど。
メバチの練り物 (17).jpg メバチの練り物 (1).jpg
早速、喰ってみる。
もんぐもんぐ・・・・塩分濃いな。
3%の塩分では濃いな。
いつも2%に落とそうと思いながら3%入れちゃう。
つなぎは無し。
メバチのタンパク質のみで結着。
でも、結構おいちい。
ごぼうのゴリゴリした食感もGoodだ!
弁当のおかずにも最適じゃ。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です