ビンナガのもやしピーマン炒め

ビンナガのモヤシピーマン炒め (1).jpg ビンナガのモヤシピーマン炒め (2).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「ビンナガ」です。
他のマグロ類と比較し、身がそんなに赤くないのが特徴。
シーチキンの原料にされるのがこのビンナガという。
ここ関東で出回るマグロ類は、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチ、キハダ、そしてビンナガ
ま、個人的にスーパーを回った限りなので、その他も出回っているのかも知れない。
このマグロ類の中で最も価格が安いのがビンナガだ。
サクになったものでも、安い場合はグラム138円程度から存在する。
しかし、通常はグラム198円~258円って所だろう。
個人的に買わないので半分は推定だ。
このビンナガの切れ端を発見。
半額ならずとも150円なり。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (2).jpg
分量的にはいつも買う切れ端とほぼ同量かやや少ない。
ま、でも150円なら許そう。
さて、さっそく中身を取り出す。
ホントにコマ切れだ。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (3).jpg
今回は結構小骨があるな。
ひとまず、骨のある部分と無い部分に分けよう。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (4).jpg
骨の無い部分を小さく刻みます。
そして、しょっつるを加えもみ込む。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (5).jpg
一方で、モヤシを洗いピーマンを刻む。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (8).jpg ビンナガのモヤシピーマン炒め (7).jpg
さあ、炒めて行きましょうか?
中華鍋を熱します。
そして、油を加えよく回したらモヤシを投入。
しばらく炒めたら、ビンナガを投入。
ビンナガのモヤシピーマン炒め (9).jpg ビンナガのモヤシピーマン炒め (10).jpg
最後にピーマンを加えたら、醤油、ミリン、ゴマ油で味を調えます。
皿に盛り付けて完成!
ビンナガのモヤシピーマン炒め (11).jpg ビンナガのモヤシピーマン炒め (1).jpg
ま、何と言いますか?
ビンナガはわき役でしょうね、今回は。
さて、それではいっただっきもあ~すぅ!!
もんぐもんぐ・・・普通です。
ビンナガはややパサった感じで歯触りはイマイチ。
味わいはビンナガがモヤシとピーマンの炒め物に特に大きく貢献することなくあっさり。
まあ、タンパク源と思うしか無かろう。
ちなみに、1日冷蔵庫で寝かせるとビンナガの身にやや弾力が出ます。
無論、冷たいまま頂いた場合です。
若干のゼラチン質?を感じます。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!

日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です